こんな会社です

パンくずリスト

HOME » こんな会社です » 経営理念

本文スタート

経営理念

会社を取り巻く総ての方々との共存共栄を大切にし 新しい価値を創造します

会社を取り巻く総ての方々とは、我々が会社の活動において関わる総ての方々のことを指しています。身近なところでは、お客様、施設様、同僚、部下、自分の家族、部下の家族…きりはありません。そのきりのない方々が会社を取り巻く方々です。

共存共栄とは、「共に在り、共に栄えること」です。常に変化する環境や、その時の状況によって思わず感謝の気持ちを忘れてしまうことがあります。会社を取り巻く方々によって私たちは生かされています。どんなに疲れていても、逆に疲れている時だからこそ感謝の心を甦らせて、そして心から感謝をします。
しかし、心の中だけで感謝してると唱えてみても相手には届きません。それを表現しなければ伝わりません。感謝を表現するとはどういうことでしょうか。お金をあげること? 物をあげること? へりくだってお世辞を言うこと? それは共存共栄ではなく、一時のまた上っ面の喜びにしかならない感謝の表現であると考えます。
リバース東京において共存共栄を手にするべく感謝を表現するとは、相手にとって有益であろう情報を探し、整理して、お渡しすることを指します。その情報によって、相手に有益なことがもたらされたとしたなら、それこそが一時の喜びではなく、「共に在り、共に栄えること」です。

新しい価値を創造するとは、私たちの価値=お客様のご満足=施設様のご満足であると考えます。それをさらに創造するべく自己の価値に向かい合い、自己を成長させることが、会社にとっての価値の創造につながります。現状に満足をすることな 成長に貪欲に、会社を取り巻く総ての方々が喜んでもらえることを創造することが私たちの理念です。

成長方針

常にスピード・クオリティ・システムを革新します

【スピード】決断と実行はスピードが命。もし間違っいてもすぐ修正がしやすいし、その被害も少ない。ライバルの一歩先を行く。

【クオリティ】サービスのクオリティの追求に限界はない。お客様が欲しいものは常に変化する。それを見つけ出すのは人。人のクオリティを追求する。

【システム】一度決めたルールも、それが正解であり続けることはない。 過去にとらわれずに今と未来を見据えたシステムを築く。

【常に革新する】常に現状に満足をすることなく、良いとされる状態であっても、スピード・クオリティ・システムについて追及し続ける。 悪くなってから改めて善くするとする「改善」の先を行く。